Play Scalaを使ったAndroidアプリ「議論サイトGIZIO」の作成

Posted on December 12th, 2013

どうも、議論SNSギジオを運営している堀内です。

私は文系大卒で全くの初心者だったのですが、それがなぜプログラミングを志し、アプリケーションを作成するに至ったかをここに綴ります。技術とか正直あんまり関係ないです。


できあがったアプリがこちらです。 http://www.gizio.me 2013年6月1日公開でした。ダウンロードして応援してくれた皆さんには、この場を借りてお礼を申し上げます。本当にどうもありがとうございました。

さて、その経緯です。笑


1. 動機
2. 着手(Strutsの時代)
3. 乗り換え(Play / Androidの時代)
4. リリース、そして現在


1. 動機
2011年、震災が起きて世の中が劇的に動く中で、「政府や国会は議論ばっかりし続けて、結局何も決まらない。メディアも一面的な報道しかしない。さまざまな人が議論して、結論が出る仕組みをどうにか作れないものか?」と考えたのがすべての始まりでした。


2. 着手(Strutsの時代)
卒業と同時にJavaの勉強をはじめました。数値計算もあるしJavaかな、独学でやるなら枯れてる技術だ、といってStruts 1からはじめました。

勉強の甲斐もあり、9月頃にはかんたんなプロトタイプが出来上がりました。人に見せてみたら「これではまだスタートラインにも立ててないよ」と言われたりする一方、面白いと言ってくれる人もいて、手応えを感じ、さらに頑張りました。他方で、この頃からXML地獄とマルチスレッドの面倒臭さにちょっと行き詰まりを感じていました。


3. 乗り換え(Play / Androidの時代)
その後、年始あたりに、Playもくもく会にて(!)kohachoriに出会い、Scalaを知りました。
Playならいろいろ楽!マーケットとしてもAndroidは面白い!という話に乗って、Play×Androidという構成で組み直すことにしてみました。

最初は馴染めませんでしたが、次第に慣れてきました。Akkaのお陰で、マルチスレッドの計算処理も期待通りに実装できました。これがJavaだったら絶命してただろうことは想像に難くありません。

他方で、Slick使ってゴリゴリSQLやろうと思っていたら予期せぬExceptionが多くて思うようにデータを取ってこれず、結局plain SQLで取ってくることにしたことも。あるいはSlickで頑張っても複雑すぎて結局読めなくなったりも。たしかにDB定義とかは楽になってよかったのですが、その辺は今一歩かなという感想です。


4. リリース、そして現在
そういう努力を経て6月1日にリリース。参院選にぶつけてアクセスを得よう!という魂胆でした。しかしなかなか伸びないDLと、それまでのハードワークが祟って息切れしてしまい、選挙を境にコードに触れたくなくなりました。

いやぁ、約5ヶ月ほど気分転換をしたおかげでまた元気になりました。いまはまた楽しくGIZIOのコードを書きながらパワポを作り、資金調達目指して頑張ってます。


構成としては、
サイトはPlay 2 Scalaで構築してあります。また、Androidアプリとの通信を司る部分も同じアプリケーション内にあります。計算処理をするアプリケーションを別に作成し、こちらもPlayを利用しています。
AWSを使っています。EC2のmicroインスタンスはアクセス一回で即死するので、smallインスタンスを利用しています。計算処理をするのはmicroインスタンスです。


参考にしたもの
PlayFrameworkドキュメント:平易な英語で豊富に書かれているのでわかりやすかった。
Strutsスーパーサンプル:初心者がやるには今更なのかな、やっぱり。本自体はよかったけど。
Androidプログラミングバイブル:ちょっと情報が古かった。
あとはStackOverFlowさんとか、tototoshiさんの日記とか


出来栄えは・・・まぁ(お察し)ではあります。感じたのは、やはり相談できる相手、あるいは情報力が大事です。
まじでPlayもScalaも関係ないですが、こんなやつもいるってことで。


日本を変えたい人募集中です〜!

超簡単にビジュアルの良いアンケート調査フォームがつくれそうなサービス

Posted on December 1st, 2013

Typeform http://www.typeform.com/

まだ試してないですがすごくよさそうです。動くし。きれい。

いまはオープンβ版のようです。


渋谷の思い出

Posted on November 29th, 2013

小学生の頃の夏休みに、母親と妹二人の4人で渋谷のスタンプラリーをしたことがありました。そのころは志木に住んでいたので、東上線から山手線と、はるばる電車を乗り継いでやってきました。

内容は、渋谷にあつまる博物館や科学館をまわるというものです。五島プラネタリウムやたばこと塩の博物館、電力館、NHKスタジオパーク、東京都児童会館など… ほかにもいろいろ回りました。もう終わる頃にはクタクタでしたね。


なかでも思い出深いのが五島プラネタリウムです。それまで録音番組を流しているプラネタリウムしか知らなかったなかで、生解説を聴いてたいへん感動しました。
その後まもなく閉館のニュースが流れ、たいへん残念に思いました。


そして今朝、フィードバックをもらった帰りに明治通りを散歩していたら、東京都児童会館の前を通りました。行ったことすら完全に忘れていたのですが、建物を見て思い出しました。

この施設はしばらく前から閉鎖されていたようです(http://www.ultraloc.org/locations/jidoukaikan/)。曰く、震災以降、耐震性能に問題があると判断されたため。


いまでも生きてるのはNHKスタジオパークくらいでしょうかね。電力館も、たばこと塩の博物館も閉館になっています。調べたら「こどもの城」もそのうちに閉館となる見込みです。

恒例だったスタンプラリーも成り立たなくなっているようで、寂しい限りです。

VCにお断りされてからのフィードバック

Posted on November 28th, 2013

さて、今朝はRed Brick Venturesの方とお会いしてきました。
出資のお願いは断られてしまったのですが、
フィードバックをいただけるとのことなので
ありがたくお話を伺ってきました。

全編英語で!笑
まぁたまに日本語も混じりましたが。

まずは「一旦どこか別の会社で働くというのもアリだよ」ということ。
夢は大きいが今の本人の技術レベルでは難しい。この差に圧倒されることもあるだろうが、情熱を絶やさないことが大事とのこと。目立つのは20代の起業家だが、30代以上のほうが主流であるのは忘れないように。

そして「シンプルに」「デザイン」「2秒でわかる」が大事とのこと。2番めが何だったかは忘れました。笑
あとはターゲットをよく絞って、当たるまで頑張ることが大事と。


英語でしゃべるといいですね。自分の考えがシンプルに整理されます。そして同じことでも日本語で言われたらちょっと抵抗してしまうのですが、英語だと心に刺さります。


指摘されて改めて反省しました。 きょうはGIZIOをどうシンプルにするか?を考えたいと思います。


全然関係ないですが、1分間で起業アイデアを英語で発表して、競合について話し合って、事業可能性を模索する会とか開いてみたいと思いました。英語のトレーニングにもなって、自然と海外志向になるし。興味持った方、ぜひ一緒にやりませんか?

「店の中にはウソがある。一日一日、その嘘を一つずつなくしていこう」

Posted on November 25th, 2013

「握りずしが“まがいもの”のそしりを受けなかったことに学ぶ」
繁盛の秘密・付加価値の正体 [27] 齋藤訓之 2013年11月25日

こちらを読みました。これ、何にでも同じなのだなと。私の取り組んでいるWebサービスも、言論市場も。
こうやって直接援用することには多少注意しなければなりませんが。

商業界創業者の故倉本長治氏の言葉だという「店の中にはウソがある。一日一日、その嘘を一つずつなくしていこう」には、たいへん感動しました。もちろんすぐには難しいですが、一歩一歩進むこと。これを肝に銘じていきたいと思います。

SHIBUYA & EBISU

Posted on November 25th, 2013

11:30 Arrived at EdTech Lab (ETL).
15:00 I met a venture capitalist at Ebisu.
16:00 returned to ETL.
21:00 moved to Izawa's House.
23:00 go home.

[PickUp] Targeting
ターゲティングについての考え方のコツ。


ある程度開拓されている市場であれば、ターゲティングは
既にいる競合をリストアップするだけでかなり進む。

最初からセグメンテーションしようとすると面倒くさくて詰む。


そりゃ当然といえば当然ですがね。リサーチをしっかりしすることで見えてくるんですねえ

コトラーのマーケティング理論「R STP MM I C」のうちのRです。

prepared for presentation

Posted on November 24th, 2013

I started using Postach.io. Fantastic web app! This is what I want!

Today I prepared for a presentation at venture capitalist tomorrow.

(1) recovered the GIZIO application from some troubles.
- re-deployed web app.
- set an environmental variable for the play evolution plugin.



[TOPICS] environmental variables

PlayFrameworkに限らないが、Unix系OSでの、環境変数の利用法。

${} ←これで囲むと、環境変数で指定した値を利用できる

例:linuxやmacの環境変数でこのように指定しておく。
export MYSQLDRIVER="com.mysql.jdbc.Driver"
export MYSQLURL="jdbc:mysql://localhost/myapp"
export MYSQLUSER="username"
export MYSQLPASS="pass"

すると、application.conf内で次のように指定すれば、環境変数を取得できる。
db.default.driver=${MYSQLDRIVER}
db.default.url=${MYSQLURL}
db.default.user=${MYSQLUSER}
db.default.pass=${MYSQLPASS}

こうすることで、各環境で固有の値を簡単に設定・利用することができる。

これを応用してPATHを指定しているんだなぁと初めて納得。

注目サービス・製品featured service

Posted on November 4th, 2013

2013年12月3日追加
便利そうなサービス
MailChimp -Send Better Email- http://mailchimp.com/



位置情報検索サービス pathee

写真素材PIXTA http://pixta.jp/
海外アウトレット商品 FLIP FRIDAY https://flipfriday.jp/
デザイン・アート・プログラミング学生就活 VIVIVT https://www.vivivit.com/sign_in
営業支援 AppGT http://appgt.jp/
勉強会 ストリートアカデミー http://www.street-academy.com/tokyo/all
掛け売り 請求書から回収まで paid http://paid.jp/
見積もり・納品・請求書 make leaps http://www.makeleaps.jp/
顧客管理 ZOHO CRM http://www.zoho.jp/crm/
初音ミクなどサブカルPR サニーサイドアップ http://www.ssu.co.jp/
スマートフォンの普及を活かした写真のクラウドソーシングサイト「Scoopshot」 http://netconcierge.jp/blog/2013/09/scoopshot.html

storys.jp




製品
宇野さんご紹介 頑丈フリーテーブル http://www.nissen.co.jp/sho_item/regular/8310/8310_15101.asp

『侵食し、蝕み、腐食させる不気味な大国・中国 日米同盟の「変わり果てた姿」予見』について

Posted on August 22nd, 2013

侵食し、蝕み、腐食させる不気味な大国・中国 日米同盟の「変わり果てた姿」予見+(1/5ページ) - MSN産経ニュース
SANKEI EXPRESS 政治部専門委員 野口裕之 2013.7.8 10:13


記事要旨


・米国・民主党寄りの大手シンクタンク・カーネギー国際平和財団は《2030年の中国軍事力と米日同盟/戦略相対評価》という研究報告書を5月に公表した。
・報告書は、超党派の実務エキスパート9人が数年かけ作成した力作で、15~20年後の日米両国のアジア・太平洋地域における安全保障や日米同盟を予見する。
・報告書は、複数の仮説を併記しながらも、《日本の国防力や日米同盟がもたらす抑止力をも圧倒する軍拡を背景に、日本との紛争・競合を、軍事力行使を経ずに中国が求める形で徐々に『侵食』し、有利に決着してしまう》可能性が高いと結論づける。
・報告書は、米国の中国への適切な対処法を定めかねて、ベクトルの違う3つの方向性を示している。
・戦略的『均衡』の変化を最も痛感させられるのは、自らの安全保障を米国との同盟関係に長年依存してきた日本である。
・(安全保障や日米同盟を非常に重視する)安倍政権でさえも、財政難や政治的麻痺により、自国の安全保障の底上げや対米協力強化には限界がある。
・しかし《日米両軍の役割・任務激変》も有り得る事態ゆえ、《政治的障害が予見されようが、日米両国は政治・軍事面での新政策を真剣に講じなければならない》。
・《日米両国が中国の大軍拡に効果的に対処せねば、東アジア全体での深刻な政治・軍事危機を招き、同盟が弱体化し、地域全体の安定を『侵食』する》。
・以上の報告に対し、筆者は『日米同盟が死活的である現実を、米国の専門家が認識している文脈ともとれる。それでも尚、米国の歴代知識・指導層が陰日向に抱いてきた中国への「憧れ」は続く』と結ぶ。

『米国の歴代知識・指導層が陰日向に抱いてきた中国への「憧れ」』が何を指しているのかは、別の機会に改めて調べたい。


中国に対抗する決定打がないということは、日米同盟という枠組みの限界を示しているといえる。つまり米国は日本を守りきれないので、米国としては別の枠組みを模索せざるをえないことが透けて見える。
日本としては、自らが大きく脱皮するか、日米を超えたさらに大きな枠組みを探さねばならないということだ。

まず現状維持が不可能であるという前提に立つと、以下のプランが考えられる。
  1. 引き続き、米国に軍事的に依存しながらも、他の枠組みを模索する。
  2. 米国から軍事的に独立する。
    • 2-1 韓国と同様、中国の勢力下に移行する。
    • 2-2 米国と真のパートナーとなり、中国に対抗する。
    • 2-3 米国とともに東南アジアの安全保障に強調介入し、中国の侵食を阻止する。
    • 2-4 米国にインドを加えた三カ国により、東南アジアの安全保障に強調介入し、中国の侵食を阻止する。
1のままでは、米国にとって日本が「お荷物」であることには変わりない。現状、米国のみで東アジアから東南アジアの安全保障を担っているようなものなので、米国はその負担の大きさに耐えられず、日本や東南アジア諸国が譲歩せざるを得ない可能性がある。
これがまさに《軍事力行使を経ずに中国が求める形で徐々に『侵食』し、有利に決着してしまう》という事態であろう。

としては2を目指すことになる。2-1のみ若干毛色が違うが、一旦中国の勢力下に入ってしまうと、チベットのように何をされるかわからないので、1以上に避けたい選択肢である。

2−2は、米国から軍事的に独立していることから、報告書における日本についての悲観的な想定よりもかなり改善されているため、じゅうぶん中国に対応しうる内容となっているのではないだろうか。

2−3、2−4はさらに大きな枠組みを求めるもので、冷戦期のソ連包囲網と同様に中国包囲網を形成することを目的としている。したがって、日本は「米国のお荷物状態から脱すれば」将来は明るい。


もちろん、日本にとって最大の障壁は「米国から軍事的に独立する」ことである。
どのようにしてこれに至るかは改めて検討したい。







中国が言いがかりをつける「第2次大戦後最大の日本軍艦」について

Posted on August 22nd, 2013


中国が言いがかりをつける「第2次大戦後最大の日本軍艦」(北村淳、JB Press、2013.08.15(木))

記事要旨
  • 海上自衛隊の護衛艦22DDH「いずも」について、中国メディアが着目している。
  • 中国メディアは、いずもの艦載機搭載能力をもって「攻撃型空母」と呼び、日本の憲法違反を提起している。
  • 中国メディアはこのほかにも、あることないこと交えて「日本の侵略志向」を日本国内・国際社会それぞれに向け発信している。
  • これに対し、公式に徹底的な反論を発信しなければ、十分な知識のない他国の人々がこれを信じてしまう。
  • 国際社会は言い続けたもの勝ちである。
  • 南京事件や従軍慰安婦の件を繰り返さないためにも、効果的な対外宣伝を中心とした情報戦を直ちに開始しなければならない。

所感
国内向けにはどうするか?について考え忘れているようだ。
日本国政府としてとりうる対応は、「国内外」に向けて適切に説明を施し、理解を深めることである。
さて、国内向けには、具体的にどう対処するべきであろうか。
特に日本国内の大手メディアでは政府に対する目が厳しく、国民の関心も低いことは周知のとおりである。

着目すべきは、近年の自衛隊のメディア戦略である。

自衛隊がエンタ作品に協力、露出増える背景と「効果」 (蕪木ふづき:日経エンタテインメント!:2013/7/8 6:30)

以下引用

これまでも映画などエンタテインメント作品に協力する機会はあったが、…(中略)…バラエティ番組や情報番組が自衛隊員に密着したり、装備を紹介したりと、自衛隊が前面に出る企画も増えてきた。
(中略)…政治性や公共性に問題がなく、広報効果があると判断すれば協力依頼を受けるという。

…(中略)…

かつては事故などが起きたときの対処が主だったが、今は国民、特に自衛隊に無関心な層に知ってもらうための活動を重視。…(中略)…「自衛隊は税金で活動しており、国民の理解が欠かせない。自衛官を募集する上でもプラスになる」(海上自衛隊広報室)。

引用ここまで


もちろん、徹底的に説明を施すことは重要である。それに加えて、地道に日本政府のファンを増やす、「親日派」を増やすことが重要であろう。韓国政府が「韓流コンテンツ」の海外展開を一生懸命に支援するのも、「親韓派」を増やすための活動である。

韓国が政府予算で韓流支援「国の品格を高めるきっかけに」=韓国(金志秀:サーチナ: 2012/01/31(火) 14:52


明治・大正・昭和の時代、様々な事件やエピソードが存在する。廃れつつある時代劇にかわる「身近」なコンテンツで、潜在的な価値は非常に高いのではないか。これらをメディアが扱いたいという場合に、惜しみなく協力すること。これにより、政府に対する理解を深め、国内に「親日派」を増やすことができると考えている。

Noriaki Horiuchi

Graduated Hitotsubashi Univ. Faculty of Management and Commerce (2012) // Java (2012-) mainly Struts, Android, PlayFramework Scala (2013-) mainly PlayFramework // This site is updated by auto sync by Postach.io with my Evernote. [技術ブログ](http://tech.noriakihoriuchi.com)、 [各種まとめ](http://reports.noriakihoriuchi.com)、[Ingress日記](http://ingress.noriakihoriuchi.com)もよろしくおねがいします。