さて、今朝はRed Brick Venturesの方とお会いしてきました。
出資のお願いは断られてしまったのですが、
フィードバックをいただけるとのことなので
ありがたくお話を伺ってきました。

全編英語で!笑
まぁたまに日本語も混じりましたが。

まずは「一旦どこか別の会社で働くというのもアリだよ」ということ。
夢は大きいが今の本人の技術レベルでは難しい。この差に圧倒されることもあるだろうが、情熱を絶やさないことが大事とのこと。目立つのは20代の起業家だが、30代以上のほうが主流であるのは忘れないように。

そして「シンプルに」「デザイン」「2秒でわかる」が大事とのこと。2番めが何だったかは忘れました。笑
あとはターゲットをよく絞って、当たるまで頑張ることが大事と。


英語でしゃべるといいですね。自分の考えがシンプルに整理されます。そして同じことでも日本語で言われたらちょっと抵抗してしまうのですが、英語だと心に刺さります。


指摘されて改めて反省しました。 きょうはGIZIOをどうシンプルにするか?を考えたいと思います。


全然関係ないですが、1分間で起業アイデアを英語で発表して、競合について話し合って、事業可能性を模索する会とか開いてみたいと思いました。英語のトレーニングにもなって、自然と海外志向になるし。興味持った方、ぜひ一緒にやりませんか?