Ignore(除外)

PlayFrameworkでScalaTestを使うにはscalatestplusscalatestplus.play.PlaySpecクラスを拡張します。PlaySpecが拡張しているのはScalaTestのドキュメントで主に解説されているFlatSpecではなくWordSpecであり、そのためignoreの使い方が異なります。
簡単にいえば「inを置き換える」。
ScalaTest 2.1.5 Scaradoc trait WordSpec
以下はFunctionalTestsに掲載されたサンプルコードを改変したものです。


class ExampleFakeApplicationSpec extends PlaySpec with OneAppPerSuite {
  val fakeApplicationWithGlobal = FakeApplication(withGlobal = Some(new GlobalSettings() {
    override def onStart(app: Application) {
      //      println("Hello world!")
    }
  }))
  implicit override lazy val app: FakeApplication =
    FakeApplication(
      additionalConfiguration = Map("ehcacheplugin" -> "disabled")
    )
  "The OneAppPerSuite trait" must {
    "provide a FakeApplication" ignore { // inならばテストされますがignoreなので除外されます
      app.configuration.getString("ehcacheplugin") mustBe Some("disabled")
    }
    "start the FakeApplication" ignore { // inならばテストされますがignoreなので除外されます
      Play.maybeApplication mustBe Some(app)
    }
  }
  "conf/routes" should {
    "respond to the login Action" ignore { // inならばテストされますがignoreなので除外されます
      //      val Some(result) = route(FakeRequest(GET, "/login"))
    }
  }
}