http://tools.android.com/tech-docs/new-build-system/migrating-from-intellij-projects
将来的には自動移行機能が実装されるとのことなので、それまでの間の措置です。

build.gradleファイルの作成

プロジェクトのフォルダにてbuild.gradleファイルを作成します。標準的なGradleファイルと異なる点は、ソースコードのディレクトリとして既存のフォルダを指定していることです(例: res/, src/ )。build.gradleのサンプルコードはこちら。

buildscript {
    repositories {
        mavenCentral()
    }
    dependencies {
        classpath 'com.android.tools.build:gradle:0.5.+’
        // 最新バージョンに書き換えましょう
        //  <a href="http://tools.android.com/tech-docs/new-build-system">http://tools.android.com/tech-docs/new-build-system</a>
    }
}
apply plugin: 'android'

dependencies {
    compile fileTree(dir: 'libs', include: '*.jar')
}

android {
    compileSdkVersion 18
    buildToolsVersion "18.0.1"

    sourceSets {
        main {
            manifest.srcFile 'AndroidManifest.xml'
            java.srcDirs = ['src']
            resources.srcDirs = ['src']
            aidl.srcDirs = ['src']
            renderscript.srcDirs = ['src']
            res.srcDirs = ['res']
            assets.srcDirs = ['assets']
        }

        // Move the tests to tests/java, tests/res, etc...
        instrumentTest.setRoot('tests')

        // Move the build types to build-types/
        // For instance, build-types/debug/java, build-types/debug/AndroidManifest.xml, ...
        // This moves them out of them default location under src//... which would
        // conflict with src/ being used by the main source set.
        // Adding new build types or product flavors should be accompanied
        // by a similar customization.
        debug.setRoot('build-types/debug')
        release.setRoot('build-types/release')
    }
}

使用するライブラリの指定

使用しているライブラリを指定します。これによりlibsフォルダにライブラリを追加する必要はなくなります。こんな感じですね。


dependencies {
    compile fileTree(dir: 'libs', include: '*.jar')
    // Support Libraries
    compile 'com.android.support:appcompat-v7:19.0.0'
}

プロジェクトをビルドできるかどうかテスト

プロジェクトのフォルダに移動し gradle assembleDebug を実行します。

参考

IntelliJのAndroidプロジェクトはEclipseのADTで作成されたプロジェクトを踏襲しているので、Eclipseの移行ガイドも参考になるとのこと。